認可保育所とは

保育所は大きく分けると認可保育所と認可外保育所があります。このうち、認可保育所というのは、国の基準を満たしている保育所のことです。こちらは児童福祉法に基づいている施設であり、国が定めているさまざまな基準を満たしています。それは施設の広さや保育士の数、防災管理、給食設備といったものです。これらの条件をクリアしており、なおかつ都道府県知事によって認可されている施設です。

認可保育所では、保護者が仕事をしていたり、あるいは病気になっているために子供の保育ができないときに、その子供を預かって代わりに保育をします。子供の年齢は0歳から小学校就学前までを対象としています。認可保育所は基本的に公費によって運営されているのが特徴となっています。

それでは認可保育所のメリットとは何でしょうか。多くの方が認可保育所を利用したいと考えており、そのために待機児童の問題が生じているのです。認可保育所は明確な基準を満たしており、質の高い保育サービスを受けることができるのが一番のメリットとなっています。また、所得に応じて保育料が決定されるのも特徴です。そこで働いている保育士は国家公務員であり、ベテランの保育士が多いため、安心して子供を預けられます。このようなメリットがあるのです。

Copyright © 保育所の認可・認可外の違いについて, All rights reserved.